TOPページ > ふくいインターンシップとは?

広がってます!インターンシップ

インターンシップって何?

 大学の医学部生が医師になる前に病院等の医療の現場で実務を体験しながら経験値を高めることを「インターン」といいますが、現在の大学生対象に行われている「インターンシップ」は、大学生が就職する前に、実際の企業で「働く体験」や「企業で働く先輩社員の方々とのコミュニケーション」を通して、「企業や職業への理解」を深めるとともに「社会人としての基礎力向上」を図る場面として活用されています。

インターンシップの魅力

 企業と大学が連携して行うインターンシッププログラムでは、企業現場での体験だけでなく、社会人として必要なマナーや心構えを知ることができ、また企業での体験を他の学生と共有し、振り返りを行うことで、学生自身の成長につなげることができます。

 企業説明会やホームページの企業紹介だけでは、本当の企業や就職後に働く職場の姿は知ることができません。インターンシップへの参加を通じて、実際に見て体験するだけでなく、先輩社員の働く姿や仕事に対する想いを知ることで、社会人になるために必要な準備について気付くことができます。

 皆さんが知っている企業や職種が、本当に皆さんに合った仕事なのかは体験してみないと分かりませんが、就職後に「違った」と思わないために、インターンシップを活用して、実際に体験してみましょう。

実習風景1 実習風景2 実習風景3

ふくいインターンシップ おすすめポイント

 「福井県インターンシップ」は、皆さんの社会人に向けた成長を応援するプログラムです。
 インターンシップは、社会に出て活躍するための準備となる活動です。将来の就職活動に向けて、実際の職場や会社の仕組み、業界の特徴を知ることができます。5日間のプログラムだからこそ体験できること、理解できることがたくさんあり、将来の成功につながる仕事力の向上につながります。

5日間の体験があなたの成長につながります!!
 ふくいインターンシップ受入を承諾してくださった企業(団体)のほとんどが、5日間のプログラムを組んでいます。5日間、企業へ通ってプログラムを体験することで、実際に仕事の体験ができますし、先輩社員と話をしてみたり、職場の雰囲気を感じたり、「社会人とは」「働くこととは」を感じることができます。大切なのは、自分を成長させるプログラムを選ぶこと。体験する中で、与えられたことをただこなすだけではなく、「自分が得意なことはこれだ」「自分に足りないところは何だろう……」、たくさん気付いてください。この夏ふくいインターンシップに参加し、1日の企業説明会では得ることができない「気付き」を見つけて成長し、社会に出て活躍できる人になるための準備をしてください。

第1希望の企業に参加できない場合でも、あなたの関心のある企業とマッチングします!
 第1希望で応募した企業(団体)が、あなたのエントリーシートの「研修を希望する理由」を読んで、受け入れるかどうかを選考します。(希望者が受入定員を上回った場合)
 申込人数や定員の関係で、第1希望の企業(団体)に選ばれない場合も、ふくいインターンシップでは、第2希望の記入欄に行きたいところを4つ書いていれば、受入先企業を必ずマッチングするので、「この夏、インターンシップにどこも行けなかった……」ということがありません。

事前研修会(マナー・心構え)と事後研修会(グループ発表)で体験の質を高めます。
 事前研修会では、職場でのマナーや心構えを学びます。
 事後研修会では、ほかの学生が参加したインターンシップの体験談・企業概要を知ることができ、グループに分かれて意見交換や議論することで、グループディスカッションの体験ができます。

福井県以外からの参加者には、交通費補助や宿泊費補助制度もあります。
 詳しく知りたい人は、福井県経営者協会までお問合せください。
 TEL. 0776-63-6201 / E-mail. info@fukuikeikyo.jp
もっと詳しく知りたいときは...
「参加申込方法は?」  → 参加するには
「気になることがある」 → よくある質問
福井県でのしごとってどんなカンジ?